遺品整理サービスを知っていますか?

遺品整理サービスとは

家族が亡くなって最も大変なのが遺品の整理であると言われています。
特に高齢の家族が亡くなると、遺品整理して家を引き払う必要があったり、遠方にあるために通う必要があったりとかなり手間がかかることが多いです。
そのため、遺族の力だけではどうにもできないというケースもあります。

そこで、最近では遺品整理業者に依頼するということが増えています。
やはり、遺品整理というのは思い出が残っているために遺族には辛いことも多いですし、捨てることには勇気が必要です。
このような面でも業者に依頼をすることによって遺品整理がスムーズに進めることができるために利用者が増えているのですが、その反面トラブルも増えています。

遺品整理サービスで起こるトラブル

遺品整理サービスで最も多く起こるトラブルが高額請求です。
最初に多くの企業が見積もりをしており、それに沿って作業を進めるのに、遺品整理作業が終わったところで色々な理由をつけて高額な費用請求をしてくることがあります。

もちろん、作業をしている中で追加の作業が必要となるケースもあります。
しかし、そのような場合にはきちんと作業をする前に相談があり、すべてが終わった後から色々と追加料金が発生するというのは正しい手順ではありません。
そこで、後から追加で高額な請求をする場合には意図的にそのような取り組みをしていることも多く、トラブルになるケースが多いです。

次に多いのが遺品整理で搬出したものを不法投棄している業者があることです。
遺品整理のために持ち出したものは一般廃棄物として搬出され、きちんと廃棄物処理場で正規の方法で処分をしなければなりません。
しかし、費用を抑えることや作業の手間を省くために廃棄物を不法投棄する業者があるのです。

このような不法投棄をされていると、行政や警察から不法投棄をしているという旨の通報がくることで、自分たちが依頼した業者が不法投棄をしていることが発覚することがあります。
自分たちでこれらの不法投棄をされているものを廃棄物処理に運ばなければならないこともありますから、注意が必要です。

遺品整理の際、作業中に現金や商品券、美術品、貴金属といったものが見つかるケースがあります。
そのような時にはきちんと見つかった旨を伝えて渡すのが当然のことです。
しかし、中にはこれらの貴重品を見つけていないふりをして持ち帰る悪徳業者があります。

このような業者は後から自分たちの持ち帰ったものを現金化したり、通帳やパスポートといったものは悪用されてしまったりするケースもあるのです。
そのため、全てを任せるのではなく事前にある程度片付けをしておいた方がトラブル回避できます。
これらのことを回避するためにも事前にしっかりと下調べをして信頼できる業者に依頼することが重要です。