そもそも終活とは?

なぜ終活をするのか

最近では終活という言葉が定番化しており、人生の終わりのために早いうちから備えをすることが当然とされるようになっています。
しかし、終活に明確な定義はありません。
そのため、終活をしようという気持ちはあっても、具体的に何をすれば良いかわからない人も多いです。

終活と聞くと、死ぬ前にすることということでネガティブに思われることがあります。
しかし、実際に終活をしている人は決してネガティブな気持ちではありません。
前向きに、家族のため、自分のために少しずつ最期に向けての準備をしています。

いざ自分が死んでから、死ぬまでということを考えるといつも考えないようなことを考える機会を設けることができます。
いつもは考えることを避けてきたことや、面倒に思ってきたこと、当たり前で見落としていたことといったものについても考える機会を設けることができ、それによって今や今後をより良い人生にすることも可能です。

終活でのトラブルもある

終活することはメリットが高く皆がするべきと考えられていますが、中には終活をすることでトラブルが起きるケースがあります。
最近ではそのようなトラブルも増えているために、注意が必要です。

特に多いのがオレオレ詐欺をはじめとした犯罪に巻き込まれることがあります。
お墓や葬儀のことは普段からあまり家族との話し合いをしていないことでもあるために、トラブルに巻き込まれていても気づくのが遅くなってしまうことも多いですし、気づいても自分でどうにもできないことも多いです。
お墓や葬儀というのはかなり費用がかかりますから、トラブルに巻き込まれた場合、その金額も多額であることも多く、被害額も大きくなることも多いですからしっかりと注意をして終活を進めることが必要です。

終活トラブルを回避するために

インターネットで終活について相談できる機関を調べると、たくさんの任意団体やNPO団体が出てきます。
サイトの内容を見ると、経済産業省といった信用できそうな言葉が並んでいるサイトも多いです。
しかし、これらはあくまでも会社の印象操作のためにこのような記載をしているだけで、明確に経済産業省が関係している施設ではないことも多くありますから、騙されないように注意が必要です。

葬儀やお墓、仏壇、相続、保険、不動産というように終活で考えるべきものはたくさんあります。
そこでアドバイスを受けたいと思う人は多いものです。
そこで、まずはできることから、早いうちから取り組みたいものから進めていくことが必要です。

相談機関それぞれに相談することも一つですし一括で相談することもできます。
そこで、相談をしたい項目から相談できる機関を見つけ進めていくことが望ましいです。