ボリューム感UP♪眉とまつげの増毛テクニックを紹介

40代、50代こそ眉とまつげの増毛が重要

中高年になると目の上の皮膚がかぶさってきたり、全体にハリがなくなり目力が低下します。
そのため眉やまつげの存在が、目力を強め魅力的な女性に見せてくれるのです。
でも実は眉やまつげは加齢とともに薄くなってくることもあります。

また目の上の皮膚が少しかぶさってくると、まつげは半分の長さしか主張できなくなります。
だからこそしっかり増毛して、その存在を高めるようにしましょう。
そのためにもいろいろなテクニックを駆使して、魅力ある表情をつくっていきたいものです。

眉を整えるポイント、NG、メイク道具

細く薄い眉は貧相になってしまうため、中高年の眉の基本は太めにしましょう。
太めのしっかり描かれた眉は、顔全体を明るく前向きなイメージにし目力も強めてくれます。
逆に極端に薄い色の眉や細い眉は中高年にはNGと考えましょう。

中高年になると眉が薄くなりがちなので、その場合は眉用ペンシルで眉毛のように細いラインを入れながら眉を塗っていきます。
このときにぎっちり塗らなくても、ペンシルについている小さなブラシで軽く擦って整え、その上から茶系のシャドーをブラシで入れ込んでいくことで、ムラなくとても自然に仕上がります。

最近はパウダーを固めた便利な眉ライナーも売られていますが、ほとんどのものが汗などに弱いというデメリットもあります。
また、髪の色が明るい場合は、眉の色も明るくしてアンバランスをとりますが、しっかり眉を太めに描くことは大切です。
そして眉の形としては、眉尻を上げると老けて見えるので、眉尻は下げるようにし、全体にあまり上げ過ぎずにナチュラルなラインが見せのポイントです。

まつげの増毛テクニック

中高年になって目力が低下してくると、やはりまつげも重要なポイントです。
しかし中高年になると、まつげも薄くなっていきます。
ある程度まつげの量がある場合は、マスカラをつけてカーラーでカールをしましょう。

また、まつげの量が減ってきたと気になり出したら、まつげ美容液などを使用して毎日のケアは欠かさないようにしたいものです。
とは言っても、すぐに変化が出るものではないので、まずメイクで何とか目力をつくっていきましょう。

まずマスカラはファイバー入りのタイプを使用しますが、長さよりボリュームアップタイプのマスカラがおすすめです。
若い頃と違い、長さよりボリュームの方が目の印象を強くすることが出来ます。
他にもまつげエクステもありますが、中高年になるとまつげが抜けやすくなるため、エクステをつけてもきれいに保てないこともあるので注意しましょう。

逆にそんなときにはつけまつげを上手に利用するのもおすすめです。
まつげが極端に薄い場合は、つけまつげの幅を半分程度にカットし、中央から目尻にかけてつけますが、そのときにつけまつげをアイカーラーで強めにカールをします。

それによってつけまつげをつけた感じがなくなり、自分のまつげをカールしたように自然に見えます。
中高年の場合はあまり頑張っている感が見えないように、さりげなくオシャレをする方が素敵です。